WingNeo|便利な機能

WingNeoは測量・設計、登記業務を支えるCADシステム。しかし昔のように専門的なこと
しかできないシステムではありません。ここでは測量データの処理・公共座標の処理を含め、
色んな使い方ができるWingNeoの便利機能をご紹介していきます。

WingNeo|登記業務で

WingFan!(ウィングファン)

測量計算・CAD・情報ツール WingNeoの最大の特徴は、現場の計算履歴や図面・書類を1まとめにしていること。面倒なファイル操作なしに日々積み重なる登記現場を管理することができます。 WingNeo5で登場したWingFan!(ウィングファン)によって、メール等での情報ツールとしても使えるようになりました。

計算書→Excel

計算書の加工・出力 座標算出の根拠や履歴・提出物となる計算書をExcelや CAD、テキストファイル、専用エディターに転送でき、先方にファイルでお渡ししたり、細部へのこだわりある帳票を可能にします。

建物形状にCAD

建物形状にCAD利用

オンライン申請を意識した設計

座標管理はXMLを意識

変更データの交換

CAD:変更データの交換

WingNeo|測量業務で

協業と電子納品

協業からCALSまで ネットワーク測量設計CADシステムとして登場したWingNeoに新たな協業ツールWingFan!(ウィングファン)が登場し、部署を越えた現場に付随する情報の共有が可能になりました。 成果管理では社内資料と提出物との見出し分け、電子納品への連動(オプション)が可能です。

CAD作業も分担可能

大規模現場の分業 現場データはネットワークを意識して設計されているため、1枚のCAD図面を何人かで同時編集したり、測量計算や用地・縦横断などの基礎データ作成の分業にも安定した環境を提供します。

CADでも新点計算

CAD内 計算ワーク

公共測量で

充実の検定プログラム群

TIFやDWGを使う

多種のファイルをフル活用

WingNeo|設計業務で

データ処理とCADが連携

平面・線形・縦横断の連動 WingNeoの設計ソフトウェアは、測量作業の生データを共用したより質の高い設計ツールを提供します。 3次元座標や縦横断データの整理を平面に反映させペーロケのデジタル対応をスムースにこなし、メッシュ法土量や展開図など座標を元にした数量算出も可能にします。

横断も然り

専用データ処理の強みCADパーツや計測のみで数々の図面を作るのではなく測量の基礎データを管理するため、大量データの自動生成や変更部分のみのデータ交換を可能にします。
画面は横断自動図化条件

平面線形をシミュレーション

CAD内 IP線変更

座標のXYZを利用

3次元データの整理

land-xmlやRoad-GM-xml

多種のファイルをフル活用

ページトップへ